オルタネーターの寿命

イメージ左

オルタネーターの寿命は約10万キロ前後と言われています。オルタネーター内部のブラシが摩耗の限界値になる距離がおおよそ10万キロぐらいだからです。

オルタネーターの寿命のタイミングとしては、エンジンのタイミングベルト交換時期とほぼ同じ時期になりますから、タイミングベルトと同時に修理交換すると手間も省けます。

ただし、実際にオルタネーターが走行距離10万キロまで故障しない保証はなく、現実にはもっと走行距離が短い場合でも故障する例はかなりあります。

バッテリーを新品に交換しても、すぐに上がってしまうような場合は、オルタネーターを交換した方がいいでしょう。



リビルトオルタネーター技術力のあるメーカー製、確かな品質リビルトオルタネーターこちら 詳細を見る

オルタネーターが発電しているかどうかを調べる方法

キーワードを含め紹介(右より画像)

オルタネーターが正常に発電しているかどうかを簡単に見分ける診断方法をご紹介します。

エンジンを始動します。
バッテリーのマイナス端子を外します。

これでエンジンが止まらなければ、オルタネーターは十分に発電していると考えてOKです!

ここでエンジンが止まってしまうようであれば、オルタネーターの発電不足が考えられます。


この診断方法あくまでも簡易点検方法ですので、発電量などを調べたい場合は整備工場やディーラーでテスターにかけて点検をしてもらって下さい。


リビルトオルタネーター 技術力のあるメーカー製、確かな品質リビルトオルタネーターこちら 詳細を見る

リビルトオルタネーターの注意点

保証付きでも、メーカーによって製品には大きな差があります。

リビルト部品の保証は、代品による保障、もしくは部品代金の返金保証です。 ですから、取り付け工賃などは含まれていません。 再度部品交換をする場合は、工賃は自己負担となります。 質の悪いリビルト品を購入してしまった場合、安く購入したはずが、結局高価な修理となってしまいます。初期不良の場合は工賃2倍かかる可能性が大きいのでリスクを取るか確実性を取るかと言うところです。 出来る限り信頼のできる販売店から、質の高いリビルト部品を選ぶようにしましょう。


オルタネーターの寿命。

オルタネーターの寿命は約10万キロ前後と言われております。何故かと言いますと、オルタネーター内部のブラシが摩耗の限界値になる距離が10万キロぐらいと言われているからです。

厳密に言うとオルタネーター内部のブラシの寿命であって、オルタネーター内部の電子部品が壊れていない限り、オルタネーターの寿命とは言え無いはずなのですが。

何れにしても、走行距離が10万キロ近くなればブラシが摩耗していて、オルタネーターの発電が不足している事は間違いありません。

走行中にバッテリーが上がってしまって立ち往生する前に点検し、早目にリビルトオルタネーター等に交換する事をお勧めします。

最近になってエンジンの掛かりが悪い、ヘッドライトが暗い、等の症状があればそろそろブラシの摩耗が限界にきている可能性大です。 早目に整備工場、ディーラー等で点検してもらう事をお勧めします。

オルタネーターが正常か、発電不足かを簡単に見分ける診断方法もありますが、あくまでも簡易点検方法で、全ての車種に利用できるものではありません。

オルタネーターの寿命がきて、交換が必要な場合は中古のオルタネーターよりもリビルト品を選択するかたが最近ではとてもおおいです。

Copyright © オルタネーターの寿命って? 発電不足の診断方法 All rights reserved